エレベーター点検中

お昼休みに廊下へ出ると、「エレベーター点検中」の貼り紙があったのですが、特に気にはしていませんでした。
そしてその後、午後1番の患者さんが入ってきたのですが、何故か息があがっています。
もしかして・・・と思ったら、まさにその通りでした。
エレベーターが動いていなかったので階段で来ました、とのことでした。
(うちのオフィスは6Fです。)
そして治療が終わりさすがにもう動いているだろうと思ったのですが、なんとまだ動いていません。
そこで、階段で下まで降りて作業員に聞いてみると、どうやらトラブル発生ですぐには復旧しないとのこと。
患者さんに事情を話し、やむを得ず階段で降りてもらうこととなりました。
その患者さんですが、膝と腰が悪い方なのです。
しかも、今日は特に膝の調子が良くなかったので、不安もありましたが、
「身体が楽になったおかげで大丈夫です!」
とありがたいお言葉をいただきました。
でも、もうこのようなことはさせたくないですね。
ただ、定期的な点検があるおかげで、毎日安心して乗ることができるわけですから、仕方がないわけです。
点検は2ヶ月に1回らしいのですが、事前に貼り紙などもなく、前もって案内があるわけではないようだったので、今後は事前に貼り紙などをしてお知らせしてもらえるようにお願いしておきました。
事前に分かっていれば、予約の時間をずらす事で対処できますからね。
以後、患者さんにこのような思いをさせなくても済むように気をつけたいと思います。
もしかすると、今日の帰りは階段かもなぁ・・・。

関連記事

  1. 勉強会

  2. 来年用

  3. トナー回収

  4. 二条

  5. COVID-19 新型コロナウイルスに対する当オフィスの方針

  6. 剪定