妊婦さん

先日みえた36週の妊婦さん。
近くの助産院からの紹介で来院。
腰が痛くて痛くて、歩くのも響いてしまう状態。
どんどん歩くように言われるけど、痛くて歩けない、、、とのことでした。
施術後、寝返り時の痛みはまだ少し残りますが、
歩く時の痛みはほぼ消失。
「これで散歩ができます!」と笑顔で帰られました。
この場合の施術は、主に骨盤から腰椎にかかる大きなストレスを
軽減させていくようにやさし~く調整していきます。
妊娠中にカイロプラクティック??
と思われる方もいると思いますが、、、
妊娠すると、多くの方が腰痛に悩まされます。
一番の原因は、体重の増加や重心の変化による
背骨のカーブの変化です。
また、妊娠時はリラキシンというホルモンの影響で
身体全体の靭帯が緩みます。
これにより、関節にかかる負荷を軽くする反面、
関節を不安定にしてしまうため、バランスを崩しやすくなります。
このような場合にカイロプラクティックは大きく貢献できます。
薬なども使いませんので、安全に妊娠中の
不快な症状を軽減していきます。
また、産後におよそ2ヶ月で緩んだ靭帯も元に戻っていきます。
この時にバランスが崩れたまま戻ってしまうと、
後々の腰痛などの原因になりかねません。
そのようなことを予防する意味でも、
産後の調整も非常に重要になります。
調整といっても、強い力を使ったり、
痛いことはしませんのでご安心を!
そして、妊娠中はさらに足の問題も重要になります。
これについては、また次回にしますね。

関連記事

  1. またまたweb会議

  2. 分析定規

  3. 第3期スタート

  4. 再受講

  5. レントゲンは必要か?

  6. 第5期アトラス・オーソゴニスト育成講座