外反母趾

最近、足に関しての問い合わせが増えてきています。
その中でも多いのが外反母趾についてです。
外反母趾はつま先の病気だと思われていますが、
構造的な異常(例:中足骨の長さなど)がない限りは、
踵(かかと)の骨の安定性が問題となります。
つまり、外反母趾の方にはほぼ間違いなく過剰回内が存在します!
過剰回内により母趾の可動域が増してしまい、母趾に付着する
筋肉の作用するベクトルが変わってしまうのです。
この場合、いくら母趾や母趾球にアプローチをしても
後足部の状態が変わらなければ、根本の解決には至りません。
日本における外反母趾の手術後の再発率が非常に高い原因も
ここにあります。
機能的足底板(インソール)によって骨の配列を正し、適切な靴を
履くことで、たとえ骨が変形していても痛みのコントロールは
可能となります。
(もちろん、必要に応じて足の関節の調整も行います)
「歩きたいけど痛くて歩けない」
「足に合う靴が見つからない」など、、、
気になる方は是非ご相談ください。
靴のチェック・指導もしております!
北川カイロプラクティックのホームページ

関連記事

  1. Superfeetソックス

  2. 硬い足と柔らかい足

  3. ゴルフシューズにも

  4. Superfeetサンダル

  5. 靴の選び方1

  6. これが現状