大変恐縮

話が前後しますが、1月9日(マラソンの前日です)に
マニュアルメディスンの勉強会へ参加しました。
今までマニュアルメディスン研修会は参加したことがなかったのですが、
テーマが「上部頚椎テクニックの理論と臨床」ということで、
しかもその上部頚椎テクニックというのが、アトラス・オーソゴナル
だったため、何とか予定を空けて参加表明をしたのが年末でした。
すると大場先生より「せっかく名古屋から来るのならアトラス・オーソゴナル
について30分-1時間ぐらい何か話をしてくれませんか」とのビックリ仰天な
依頼があり、断ることもできず、新年1発目の山であるマラソンの前にもう一山
迎えることとなってしまったのです。
資料は、以前に学会で使ったものにアレンジを加えて、30-40分ぐらいの
内容にし、マニアックなカイロプラクターが多いかもということで、
レントゲン分析法なども少し入れておきました。
ところが、当日行ってみてビックリ!
なんと、参加者の8割ぐらいが理学療法士(PT)の方々で、
アトラス・オーソゴナルという名前すら聞いたことのない方ばかり(汗)
ある程度、上部頚椎テクニック、中でもアトラス・オーソゴナル
を知っている人がほとんどだろうと勝手に決め付けて資料作り
をしてしまっていたことに猛省。
途中グダグダになりそうな部分もありつつ、何とかプレゼンを
終わらせることができたのですが、アトラス・オーソゴナルの
サブラクセーションパターンなどもう少し入れるべきでした。
その後、アトラス・オーソゴナルで臨床20年という平林先生の
独自の分析法などのお話があり、これは非常に参考になりました。
早速、患者さんのチェックに取り入れています。
と、そんな勉強会でしたが、詳しくは大場先生のブログへ。
お世辞とはいえ、こんなに褒めていただき大変大変恐縮です。
僕への評価は5割減ぐらいで読んでおいてくださいね~(笑)
北川カイロプラクティックのホームページ

関連記事

  1. バレエ

  2. カイロデー、そして開業記念日

  3. 無事終了

  4. モジュール1

  5. 妊婦さん

  6. 残り1ヶ月