危険な頭痛

先日の頭痛の分類の続きです。
まずは、一次性頭痛と二次性頭痛の鑑別が重要になります。
一次性頭痛は、頭痛を引き起こす原因になるような病気が無く、繰り返し起こる
ことのある頭痛のことで、生活に支障は出ても、生命に関わることはありません。
代表的なものとして、片頭痛緊張型頭痛群発頭痛などがあります。
二次性頭痛は、何らかの病気が原因で起こる頭痛で、生命に関わることもあります
代表的なものとしては、脳腫瘍脳梗塞くも膜下出血慢性硬膜下血腫髄膜炎
脳出血脳動脈解離などがあります。
20160310-1.jpg
現在日本では約3000万人の方が慢性頭痛で悩んでいると言われていますが、
そのうちの9割が生命に関わることのない一次性頭痛であると言われています。
我々のようなカイロプラクティックオフィスにみえる頭痛の方は基本的には
一次性頭痛の方ですが、命にかかわるような二次性頭痛の方が来ないとも限りません。
なので、そのあたりをしっかりと鑑別し、カイロプラクティックで扱っても
良い頭痛なのかを見分ける必要があります。
これまでに経験したことのないような頭痛が出た場合は要注意です。
・突然の頭痛
・今までに経験したことがない様子の異なる頭痛
・痛みの回数と頻度が増していく頭痛
・原因不明の高熱や吐き気を伴う頭痛
・50歳以上で起きた初めての激しい頭痛
・文字の読み書きがしにくい、頭が働かないなどの症状を伴う頭痛
以上のような場合は、生命を脅かす頭痛の可能性がありますので、
すぐに医療機関(できれば脳外科)を受診してください。
北川カイロプラクティックのホームページ

関連記事

  1. 長年の頭痛

  2. 鼻づまりと頭痛

  3. 子供の頭痛

  4. 頭痛の分類

  5. 頭のシビレ