無事終了

日本カイロプラクティック徒手医学会の新しい試み、カイロプラクティック・
ディスカッション・フォーラム(略してCDF)が昨日行われ、無事終了いたしました。
今回は、「頸椎操作の安全性と可能性」、「老人の腰痛」という2つのテーマで、
講師陣の話に対して、皆で討論しようではないかという企画でした。

そんな企画に、コメンテーターとしてご指名をいただき、大変恐縮ながらも
勤めさせていただきました。
とは言っても、日本人には苦手なディスカッション形式。
なかなか理想のディスカッションという形にはならなかったりで、課題も残りますが
初回としては、とても盛り上がったように思います。
コメンテーターとしての役目も果たせたような果たせなかったような、、、
経験豊富な講師陣の話に聞き入ってしまってました。
まだまだ修行が足りないところです。
やはり臨床経験豊富な先生方の話は本当に勉強になります。
僕なんかはまだまだやるべきこと満載ですね。
この企画が今後どのような形になって行くのかは分かりませんが、
すでに第2回が楽しみです。
それまでにもう少し修行しておきたいと思います。
北川カイロプラクティックのホームページ

関連記事

  1. 無事終了

  2. 新 動きの解剖学

  3. アシスタントとして

  4. 大変恐縮

  5. よくあること

  6. 目に見えないものを感じる