授業参観へ

娘の小学校の授業参観がちょうど木曜日と重なったので、
行ってまいりました。
最近は授業参観とは言わず、学校公開と言うようですね。
1時間目から5時間目まで、自由に参観できます。
20161013-5.jpg
お休みなので1日いてもいいのですが、そうは言ってもいろいろと忙しいので(笑)
3時間目の道徳の時間を観に行ってきました。
「歩道にとめられた自転車」というテーマで、バス停の自転車置場でない歩道に
自転車をとめてしまい、そこに車椅子の人が通りにくくて困っているなかで、
バスが来てしまいそうになるという状況で、どのように考えるかというような内容でした。
さすが5年生ともなると、いろいろな意見が飛び交います。
教科書的な意見だったり、大人では思いつかないような意見など、
なかなか楽しく参観することができました。
先生にとっては当たり前のことなのかもしれませんが、授業の進め方やまとめ方は
素晴らしいですね。
そして、子供たちに考えさせて自分たちの意見をプリントに書き込ませている間に
教室をぐるっと1週回っただけで、様々な意見を見極めて発表させるてまとめるという
流れもなかなかのものでした。
なかなか手を挙げようとしない娘にもどかしさを覚えつつ、先生という仕事の凄さを
感じさせてくれた参観でした。
一応、教員免許を持っているボクですが、あんな事はできないなあ(笑)
やはり、プロの仕事は素晴らしいですね。

関連記事

  1. こちらも開幕

  2. 相互理解の促進

  3. 2か月待ち

  4. 油断

  5. 流れ

  6. 東別院てづくり朝市