カイロプラクティックとは

今日は、珍しく(?)カイロプラクティックの話題です。
人と話をしていて仕事の話になり、「カイロプラクティックやってます」なんていうと、必ずといっていいほど聞かれることがある。
「グイグイ揉むの?」
「腕(指)疲れるでしょ?」
「○○に効くツボある?」
「何分でいくら?」
などなど・・・
毎回「いや、違うんです。カイロプラクティックというのは~」と説明するのだが、世間のカイロプラクティックに対する認識は、悲しいかなこれが現状である。
これには、カイロプラクティック業界や、我々カイロプラクティックを業とする者たちにも問題があるのだが、「カイロプラクティック」という看板を掲げていても、実際にそこで「カイロプラクティック」を実践していない施術院が非常に多いことも、原因のひとつとなっている。
ちなみにカイロプラクティックというのは、
人間を形成している骨格、関節に注目し、生活習慣や動作から生じる「骨格の歪み・骨のずれ」を矯正、改善する事により、様々な症状に対して人間が持つ治癒力が最大限に働くように導いていくものなのです
(シオカワスクールHPより引用)
つまり、背骨のゆがみ・ズレを調整することで、身体全体を調節している神経系の働きを正常化して、人間が本来備えている自然治癒力を最大限に引き出す自然療法なのである。
ただ、口でいくら説明してもなかなか伝わらない。
実践していかなければならない。
微力ではあるが、患者さん一人一人にしっかりとカイロプラクティックを実践し伝えていくことで、少しでも本当のカイロプラクティックの良さを広めることができたらと思う。
次は、カイロプラクティックの歴史について書いてみる予定です。

関連記事

  1. 分析定規

  2. カイロプラクティックの歴史

  3. 最後の打ち合わせ?

  4. ビジュアル化してみる

  5. 宿題

  6. 合宿勉強会