第3期スタート②

昨日からの続きです。
モジュール1はアトラス・オーソゴナル・カイロプラクティックに必要な
レントゲン設備の設定や、撮影方法などが主な内容になります。
日本においては、カイロプラクター自身がレントゲンの機械を扱うということは
ないので、省略されがちな内容なのですが、医療機関に協力してもらう場合には
これらの知識が必ず役に立ちます。
その中でもまず今回は、レントゲン設備の設定についてでした。
20160420-1.jpg
どのような機械で撮影しているのか、どのような条件を満たしていて欲しいのかなどなど、
初めての方にはなかなか理解しにくい内容だったと思いますが、放射線技師さんなどと
話をする場合に、これを知っているかどうかは非常に重要なところになります。
そして次回からは、どのように撮影をするのかという部分に進んでいきます。
また報告していきたいと思います。
北川カイロプラクティックのホームページ

関連記事

  1. カイロプラクティックとは

  2. 勉強会、そして3色ボールペン

  3. 第42回名古屋支部勉強会

  4. 絶版本を購入

  5. 自分でボキボキ鳴らしたりしてませんか?

  6. 無事終了いたしました