胼胝

さて問題です。
「胼胝」
なんと読むかわかりますか??
答えは、、、
「べんち」と読みます。
俗に言う「タコ」のことです。
皮膚が角質化し厚くなってしまう例のアレです。
削っても削ってもまたできてしまう例のアレです。
先日、タコについて少し触れました。
今日は、タコについてもう少し詳しく書いてみます。
タコは反復的な圧迫や摩擦を受けた皮膚が
角質化し厚くなった状態を指します。
よく足の裏に見られるものです。
タコは反復する刺激によって形成されますので、
足の裏の場合はタコのできる部位をみることで
その方の足の使い方がどのようになっているのかを
推測することができます。
例えば、母趾の内側にできたり、
母趾球の内側にできたり
第2-4趾の付け根の部分だったり・・・
いろいろとあります。
また長くなりそうなので、続きはまた明日にします。
一度、ご自分の足の裏をじっくりと見てみてください。
いろいろなことがわかりますよ~。
北川カイロプラクティックのホームページ

関連記事

  1. 外反母趾②

  2. 内くるぶしが二つ?

  3. ゴルフと足

  4. 靴の選び方2

  5. 靴の減り方

  6. MONOQLO5月号