とにかく練習

先週末は色々とトラブルがありましたが(笑)
アトラスオーソゴニスト育成講座で東京へ行っておりました。
今回はモジュール2、レントゲン分析の続きで、奇形の分析から始まりました。
20160713-1_201607131534050c4.jpg
アトラスオーソゴナルのレントゲン分析の特徴のひとつに、奇形の分析があります。
例えば、頭蓋骨の形が左右対称で無い場合の中心の出し方や、関節面の形が左右非対称な
場合の見方など、Dr. Roy Sweatの長年の研究が結集された非常に興味深い部分でもあります。
そしてその後、正面像の残りの部分と頭頂像の分析に進み、前回の分と合わせて
レントゲン分析を一通りカバーしました。
20160713-2.jpg
かなり苦戦をしていた初めての先生方と、比較的スムーズに分析できていた
再受講の先生方が非常に対照的でした。
まずはそこに何が写っているのかを知り、とにかく数多く見て分析して、
さらには骨の形をトレースしてみる。
レントゲン分析は、慣れるしかありません。
慣れるためには、とにかく練習です。
しかも、しっかりと考えながら数をこなす必要があります。
受講生の皆にはそれぞれ練習用の教材を渡してあるので、次回までに
とにかく何回も練習をしていただきたいですね。
そして次回からは、この分析を基にどのようにアトラスを調整するのか、
更に、どのように評価していくのかといった部分に進んでいきます。
アトラスオーソゴニストへの道はまだまだ続きます。
北川カイロプラクティックのホームページ

関連記事

  1. 反応

  2. 準備完了?

  3. 勉強会

  4. モジュール1

  5. 偉人たち

  6. 目に見えないものを感じる