靴について①

先日の記事の続きで、靴の重要性について書きますといいながら、
ほったらかしになっていました。
本日は靴を選ぶ時に気をつけていただきたいことについて。
靴は、ファッションの一部にもなるので、非常に悩ましいところですが、
基本的には「足に負担をかけないもの」これが一番重要なポイントになります。
では、足に負担をかけない靴とはどのようなものでしょう。
おおまかなポイントとしては、以下の4点になります。
①サイズ
②フレックスポイント
③捻じれ剛性
④ヒールカウンター
①サイズ
これは、基本的には誰もが気にするところだと思います。
きちんと自分の足のサイズに合った靴でなければなりません。
足自体のサイズを計測器で測ってみると、本人の自覚無く実際よりも大きめの
靴を選んでいる方が多いですね。
20160512-2.jpg
計測器はオフィスにあります。
いつでもお尋ねください。
②フレックスポイント
靴底の曲がる位置のことです。
靴を縦に折り曲げた時、折れ曲がる部分と足の曲がる部分が一致する必要があります。
硬すぎて曲がらなかったり、真ん中で曲がってしまったりすると足に余計と負担をかけてしまいます。
20160423-1.jpg
(スーパーフィート資料より)
今日はここまで。
③④については、続きます。

関連記事

  1. 筋肉痛に、、、

  2. サンダル

  3. 余計に痛くなる

  4. 2日間終了

  5. 外反母趾④

  6. ランニング